有料レジ袋の購入は損?




WOWOW_新規申込

有料レジ袋の購入は損?
金銭的には損です。

1枚5円と考えると、
1ヶ月(30日)150円、
1年(365日)1,825円、
60年(21,915日)で
109,575円かかります。

TOC(総保有コスト)の
考えに近いですが、
30歳の人が
90歳まで続けた場合、
60年ですので、
上記の計算が成立します。

企業側から見れば、
LTV(ライフタイムバリュー)に
近そうですが、
LTVは利益を
予想する指標で、
有料レジ袋は
売上ですので、
個人的には
一定期間の
同一顧客の
特定商品の売上と
考えました。

専門的な話が長くなり、
失礼しました。

有料レジ袋のメリットは?
有料レジ袋のメリットは、
万引きを疑われない
こと
ですので、私は
ほとんど毎回
購入しています。

レシートをもらえば
完璧ですが、
ポイントカードの記録や
監視カメラの映像でも
万引きしていない
ことは証明できます。

しかし、有料レジ袋を
購入すれば、そのような
心配をしなくていいので、
私はほとんど毎回
購入しています。

有料レジ袋のデメリットは?
冒頭にも記載しましたが、
お金がかかることです。

有料レジ袋の再利用方法は?
ゴミ袋にされる方が
多いですが、自治体の
排出ルールを守って、
正しく分別しましょう。

社会問題との関係は?
別の記事にも書きましたが、
海洋プラスチックごみ問題は
漁業あみが主な
原因とのことです。

コロナの影響もあり、
海外では日本とは反対に
衛生的という理由で
レジ袋を配るように
なったとのことです。

レジ袋だけ削減しても
環境汚染は改善
されないと思いますが、
皆様方、一人一人が
環境問題に関心を持つ
きっかけ
になれば
良いと考えています。

WOWOW_新規申込


※2020年7月28日現在の情報です。