みずほ銀行の通帳発行手数料について思うこと




WOWOW_新規申込

みずほ銀行の通帳発行手数料について思うこと
みずほ銀行では、
2021年1月18日以降、
70歳未満の人が
口座開設時に
紙の通帳を
希望する場合と
通帳繰越時に
1,000円+税の
手数料を取る
とのことです。

紙の通帳を
発行していると、
1口座につき
毎年200円の
印紙税を銀行が
払う必要がある
とのことで、
都市銀行は
口座数が多く、
印紙税が膨大に
なることが予想
できますので、
経費削減したい
意図が伝わってきます。

さらに、マイナス金利で、
銀行が日銀に
お金を預けていても
利息が付かない
だけでなく、金利を
支払わなければならない
とのことですので、
銀行業全体の
収益悪化が
予想されますが、
試行錯誤されている
みずほ銀行の姿勢を
個人的には高く
評価できます。

利用者としては、
取引明細書など
通帳のかわりに
なるものが
必要になった時、
無料や格安で
発行してもらえたら、
問題ないですが、
取引明細書の
発行手数料が
高額になる場合も
あることを考えると、
紙の通帳があった方が
いいですので、
私がメインで使っている
金融機関の
通帳発行手数料が
1,000円+税に
なったとしても、
通帳を利用したい
と思います。

繰越時の手数料は
すぐ1,000円+税に
するのではなく、
100円+税や、
500円+税と
段階を踏んでも
良さそうですが、
年1回繰越すると
考えた場合、1年で
1,000円+税に対して、
毎月100円+税の
口座維持手数料が
かかると考えると、
1,200円+税ですので、
比較的良心的な設定
であると言えます。

口座維持手数料も
現時点ではまだ
かかる話は
出ていないですが、
メインで使っている
金融機関が
月100円+税徴収
するようになっても、
収入の受取に
必要ですし、
家賃などを
1件ずつ振込したり、
コンビニに支払に
行く手間を考えると
ないと不便ですので、
利用を続けると思います。

しかし、ほとんどの
金融機関で
口座維持手数料が
かかるように
なった場合は、
余計な手数料を
払うことは
もったいないこと
ですので、使う
金融機関の数は
減らすと思います。

あくまで素人である
私個人の考えですが、
通帳や口座を
なくすことは
現実的ではないので、
手数料がかかっても
利用を続けると思います。

銀行もビジネスですので、
経費削減されたり、
問題の無い範囲で
手数料徴収されるのは
仕方ないことだと思います。

通帳や口座は
生活に必要な物ですので、
手数料が高額になりすぎ
ないことを願いたいです。

WOWOW_新規申込


※2020年8月21日現在の情報です。