買物での節約」カテゴリーアーカイブ

ポイントは使った方がお得?




WOWOW_新規申込

ポイントは使った方がお得?
使った方がお得な場合が多いです。

ケースバイケースですが、
ポイントには有効期限が
設定されている場合が多く、
何らかのご事情でそのお店に
行けなくなると、ポイントの
有効期限を迎えて
失効してしまいますので、
使える時に使うのが
おすすめです。

ポイントを使わない方がお得なケースは?
商品によって還元率が異なる場合と、
 マイルなどに交換する場合です。

商品によって還元率が
異なる場合は、
還元率の高い商品を
ポイントを
使わずに先に買い、
還元率の低い商品に
ポイントを使って
後から買うと、
効率が良いです。
最大限効率が良いのは、
ポイント還元0%の商品に
ポイントを使うことです。

追記しますと、
上記の商品は
両方税込1,000円で、
還元率10%と0%で
考えていますが、
還元率が高い方が
100円で10%、
還元率が低い方が
10,000円で1%の場合、
低い方を先に買うと、
付与されるポイントは
9円分少なくなりますが、
使い切ることができます。

上記はポイントを
効率よく使う方法で、
下記はポイントを
使い切る方法です。
追記はここまでです。

また、ポイントを
ポイントのまま使うと、
1ポイント1円相当の
場合が多いですが、
マイルなどに交換すると、
1ポイント1円以上の価値に
なる場合が多いですので、
マイルを確実に貯めて
使い切れる方は、
交換するのがお得です。

ポイントと現金値引きどちらがお得
現金値引きの方がお得です。

ポイントはお店にとって
お得な仕組みで、
100円の商品を
10円引きにする場合、
10%の割引ですが、
ポイントなら
その商品の割引は無しで、
次回以降使える
10円分の割引ですので、
次回10円の商品を
購入した場合の
割引率は約9.09%、
100円の商品を
購入した場合の
割引率は5%です。

次回購入商品にも
ポイントが付くので、
実際の割引率は
ここまで低くは
なりませんが、
ポイント付与対象が
ポイント使用後の
金額だったり、
付与単位
(税抜200円など)
未満の端数が
切り捨てられたり
する場合が多いので、
なかなか貯まらない
仕組みになっています。

ポイントを貯めるのが
趣味という方も
いらっしゃると思うので、
考え方は人それぞれですが、
今回の話をまとめると
ポイントの有効期限や
手元のお金を残すことを
考えた場合は、ポイントを
使った方がお得、
さらに、同じ金額で、
同じ割引率か
同じポイント還元率なら
現金値引きの方が
お得
と言えます。

WOWOW_新規申込


※2020年7月29日現在の情報です。(同日一部修正)

有料レジ袋の購入は損?




WOWOW_新規申込

有料レジ袋の購入は損?
金銭的には損です。

1枚5円と考えると、
1ヶ月(30日)150円、
1年(365日)1,825円、
60年(21,915日)で
109,575円かかります。

TOC(総保有コスト)の
考えに近いですが、
30歳の人が
90歳まで続けた場合、
60年ですので、
上記の計算が成立します。

企業側から見れば、
LTV(ライフタイムバリュー)に
近そうですが、
LTVは利益を
予想する指標で、
有料レジ袋は
売上ですので、
個人的には
一定期間の
同一顧客の
特定商品の売上と
考えました。

専門的な話が長くなり、
失礼しました。

有料レジ袋のメリットは?
有料レジ袋のメリットは、
万引きを疑われない
こと
ですので、私は
ほとんど毎回
購入しています。

レシートをもらえば
完璧ですが、
ポイントカードの記録や
監視カメラの映像でも
万引きしていない
ことは証明できます。

しかし、有料レジ袋を
購入すれば、そのような
心配をしなくていいので、
私はほとんど毎回
購入しています。

有料レジ袋のデメリットは?
冒頭にも記載しましたが、
お金がかかることです。

有料レジ袋の再利用方法は?
ゴミ袋にされる方が
多いですが、自治体の
排出ルールを守って、
正しく分別しましょう。

社会問題との関係は?
別の記事にも書きましたが、
海洋プラスチックごみ問題は
漁業あみが主な
原因とのことです。

コロナの影響もあり、
海外では日本とは反対に
衛生的という理由で
レジ袋を配るように
なったとのことです。

レジ袋だけ削減しても
環境汚染は改善
されないと思いますが、
皆様方、一人一人が
環境問題に関心を持つ
きっかけ
になれば
良いと考えています。

WOWOW_新規申込


※2020年7月28日現在の情報です。

単品買いとまとめ買いどちらがお得?




WOWOW_新規申込

単品買いとまとめ買いどちらがお得?
→ケースバイケースです。

単品買いとまとめ買いの
メリット・デメリットを
まとめましたので、
参考にしてみてください。

単品買いのメリット
①必要な分だけ買える
②手持ちのお金があまり減らない

単品買いのデメリット
①1個あたりの値段が高い
 (商品による)
②何度も買物に行く必要がある
 (ストックがなくなったら)

まとめ買いのメリット
①1個あたりの値段が安い
 (商品による)
②何度も買物に行かなくて良い

まとめ買いのデメリット
①決まった個数でしか買えない
②手持ちのお金が一度に減る

ここでポイントになるのは、
自分が何個必要かです。

1個あたりの値段が
安いからといって、
必要ない分まで買ったら
無駄遣いになってしまいます。

反対に地方や田舎で、
お店が遠い場合や、
小さなお子様や
高齢なご家族がいて
あまり出かけられない方は、
先の分までストック
しておいた方が、
交通費や時間の
節約になります。

また、確実に使い切る
日持ちする食品などは
まとめ買いした方が
中長期的にはお得です。

給料日や支払日まで
手持ちのお金を
残したい時は、
単品買いも便利です。

お店の経営者の
立場だったら、
利益率の高い商品を
買って欲しいですが、
消費者としての
私達にも生活があります。

その商品が
本当に必要なのか、
他の商品で
代用できないのか、
安く買える
方法はないのかを
考えるクセをつけると、
賢い消費者に
近づけると
考えています。

節約したお金は
自分が大切だと思う
コトや物に使うと、
気持ちよく使えて、
社会にも還元できます。

皆様の生活に役立てて
頂ければ幸いです。

WOWOW_新規申込


※2020年7月27日現在の情報です。